7/07/2016

Rainy day garden / 雨の庭

今年の独立記念日July 4thは雨、庭は花盛り。(写真をクリックすると拡大写真でご覧いただけます)


雨が降っていてもラベンダーの上をアリは忙しく行ったり来たり。水面張力で水の上を歩けるアリ君。


今年春に地植えしたEden Rose(ピエールドロンサール)、3輪だけ咲きました。



Sedum 'Autumn Joy' 日本語では何て呼ぶのかな?オハイオでよく見かける多肉系植物。夏までは若草色の花の部分が秋に薄い赤紫になりとても綺麗。


 Wild Bergamot(矢車はっか)、ミント系のハーブ。ネーティブアメリカンが薬にしていたハーブ、消化促進や鎮静作用があるそう。花の部分は苦みがあるけれどサラダに入れたり料理の飾りにも使える、葉はハーブティーに。独特の香りがあるので万人向けではないけれど、その匂いが体に効きそうな気もしたり。


たんぽぽは庭の敵!でも良い被写体(^^)


エキナセアが今の時期は庭の主役。免疫機能を高める効果があるハーブなので風邪をひきそうな時などにはハーブティーとして飲むようにしている。テントウムシ、ハチ、蝶、色々な虫を引き寄せる可愛い花、中心は枯れるとチクチクの固い種。来年は種で株を増やす予定。


セダムの若草色がとても綺麗。秋がちかづくにつれ濃い緑になっていく。


雨上がりは沢山の水玉、水晶のようで心が洗われる気がする。


エキナセアの蜜を吸い続けるbumble bee (まるはなばち)、ハチはなぜかモノクロで撮りたくなる。



種が飛ぶのをじっと待つのは疲れるよ~。シャッターチャンスを逃すとガクッとくる。



 ピンクが濃い綺麗な状態のうちに撮影!エキナセアは花もちは良いけれど、日が経つとだんだん色が焼けて薄くなる、そして誰かが花びらをかじるので。農薬は使わないから虫との闘いです。


日が暮れてきたので今日の撮影は終わり。



3/31/2016

2016 Cherry Blossom @ Ault Park

3月27日、Ault Park@Cincinnatiの枝垂れ桜。今年は去年より春の訪れが早く3月末の桜撮影。少し風が吹いていたけれど、天気良く、Easter Sundayと言うこともあり、教会帰りの着飾った家族連れが桜を背景に写真撮影をしている姿もあった。

(写真をクリックすると拡大写真のみのページになります)


住宅地すぐ裏に面した公園の桜を今年は撮影することに。桜のカーテンの後ろには、、、、


白い素敵なお家。春は窓から公園の桜を眺めることができるなんて羨ましい限り。この場所で子供たちを撮影すると、可愛らしい写真がたくさん撮れるだろう、モデルが欲しいな~。


ミツバチは蜜集めに忙しく花から花へ、体中に黄色い花粉を付けて飛んでいた。


枝垂れ桜の木の並びを眺めていると懐かしい記憶が蘇った。カリフォルニアに住んでいた頃に娘が習っていた日本舞踊で踊った”花笠踊り”の決めの型にソックリ。今はカリフォルニアの大学の寮にいる娘にいつか見せてあげたい。


風に揺れるブランコのような枝垂れ桜、後ろにボカした花たちはシャボン玉が飛んでいるように映ってくれた。


桜の枝は交互に伸びてゆき、伸びた先に花が咲くのね。


澄んだ青空を背景に。淡いピンクの花びらと水色のコントラストは可愛い、私の桜写真の定番色。


黄色い花を咲かせたground coverを背景に。友人が着ていた着物の配色を思い出した。その着物を着た彼女をここで撮影したら、さぞかし綺麗なことだろう。


黄色い家、桜越しにメルフェンチックに撮影してみた。黄色の花の絨毯に囲まれた黄色い家、まさに私のドリームハウス!春は桜に囲まれる生活、一度味わってみたい。


春爛漫、花付きの良い枝からのゴージャスな春のオーラを写真いっぱい浴びさせた。


ドリームハウスの横に立つ樹齢100年以上のBlack Oak Tree だか Black Walnut Tree。家のオーナーさんと話したい!と思いながら写真を撮っていると願い通じて出て来てくれたオーナーおじさん。写真撮影の許可を撮り、ドリームハウスだわ~と伝えると、この木のことを教えてくれた。なのにOakだったかWalnutだったか忘れてしまった私。夜は木の上の方に取り付けた照明が家を照らして綺麗なんだそう、それがオーナーおじさんの自慢らしい。黄色いground coverの境界線までがおじさんの庭なんだとか。


来年は我家のワンコにもお花見散歩をさせてあげようかな。


このブログを書き終えたところに友人より嬉しい知らせが入った。友人の息子さんが東大レベルの大学に入学が決まったそう。文字通り”サクラサク”のブログになった、メデタイ、メデタイ、おめでとう!!

Nancy Kazuyo Photography 
撮影のご依頼、お問い合わせは上記HPよりお願いいたします

1/30/2016

ballerina /モデルはバレリーナ

昨年10月、オハイオに越してから初めてのフォトセッション。お客様は息子の同級生のNちゃんです。私が住んでいるM町限定で撮影を行いました。バレエのチュチュを身に着け、オハイオ生活の記念となる写真を撮影させて頂きました。なんどもジャンプして、足を高く上げてポーズしてと、かなり疲れる撮影となりましたが最後まで頑張って可愛いバレリーナの姿を撮らせてくれました。


町のダウンタウンを走る線路。電車はめったに通りません、見た事さえありません。妖精のようなNちゃんに電車の代わりに走ってもらいました。 



近所の見晴らしの良い公園には大きな白い納屋が建っています。青空とのコントラストがオハイオらしく私のお気に入りの場所。



夕日が綺麗なステージを作り出す時間、Nちゃんのお父様の会社パーキングに潜入。アスファルトに夕日が輝き良い色を作り出してくれた。長い綺麗な足。幼い頃からバレエを続けている足はとても美しいです。




最後はNちゃんのお父様が気に入ってくださった写真。大人っぽくなってきたお嬢さんに胸キュンして頂けたでしょうか。


Nancy Kazuyo Photography 
撮影のご依頼、お問い合わせは上記HPよりお願いいたします



5/07/2015

Living things and cherry blossoms / 桜と生き物@オルト公園シンシナティー

Ault Park@Cincinnatiの桜を楽しんでいたのは人間だけではない。花の蜜を吸いに集まる昆虫たち。蜂は桜が咲く時期から活動が活発になる。桜の花の写真を撮りに来たはずが、家に帰り撮影した写真を見ると桜より蜂を主役にした写真の方が多かったり、なんて事もよくある。せわしなく動き回る蜂、落ち着いて蜜を吸っていてくれれば写真が撮りやすい、でも働き蜂にそれを求めるのは無理な話だよね。



一方、蝶は蜂よりは大人しくしてくれる被写体。この蝶なんてまるで「この桜は私のものよ!」と陣地取りでもしているかのよう。堂々とした吸いっぷりに「どうぞお好きなだけ蜜を吸ってください、女王様」と声をかけたくなる。この蝶の種類はred admiral butterfly赤立羽蝶)、オハイオ州では良く見られる蝶のようだ。



我家の周りにもたくさんいるAmerican Robin(コマツグミ)、桜の下の芝をつついてエサ探し。オハイオ州では春の訪れを知らせるシンボルの渡り鳥としてRobinは親しまれている。ところが近年の温暖化の影響で冬の間もロビンがオハイオ州南部では見られるようになったらしい。とは言え "cheerily, cheer up, cheer up, cheerily, cheer up"「元気にね、元気だして」とアメリカ人にはそう聞こえるロビンのさえずりの声は、寒い冬を過ごしたオハイオの人達の心を喜ばせる春の音であることに変わりはありません。


Nancy Kazuyo Photography 
撮影のご依頼、お問い合わせは上記HPよりお願いいたします



4/17/2015

Cherry Blossom@ Ault Park さくら@オルト公園、シンシナティー

2015年4月11日、Ault Park@Cincinnatiの枝垂桜は見事だった。枝垂桜並木(Grove of Japanese Weeping Cherry)がいくつも公園内に点在し、ピンク色と春の若葉色のコントラストが日本人の気持ちを高揚させた。



シンシナティーは1988年に岐阜県と姉妹都市関係を結び、1998年にオルトパークやEden Parkに桜が寄付されたそうだ。この枝垂桜がその時に寄付されたものかは分からないけれど、日本との縁がシンシナティーにあることを桜を通じて今回知ることが出来た。





オハイオに越して来て初めての春を日本の桜で迎えることが出来てとても嬉しい。嬉しすぎて桜の下で遊んでいた男の子が”桜の精”に見てたくらい。



全ての桜の木の写真を撮りたかったけれど、補習校へ息子を迎えに行くため時間切れ。オハイオに住んでいる限り、4月の1,2週目はAult Parkに通うことになるだろう。


Nancy Kazuyo Photography 
撮影のご依頼、お問い合わせは上記HPよりお願いいたします






2/16/2015

gluten free bread グルテンフリーパン


グルテンフリー生活を心がけている今日この頃。80%ぐらいまではグルテンフリーダイエット生活となりましたが、外食をすると食べてしまう小麦粉系。パン好きにとって小麦粉カットはキツイ、その上、市販のグルテンフリーパンの不味いこと、不味いこと。

そこで色々なレシピを参考にしながら、簡単グルテンフリーパンを作るようになりました。家族にも好評なパンが出来上がったのでご紹介。使用するグルテンフリー粉によって味や質感は変わるので、レシピは参考程度にどうぞ。



グルテンフリー粉 280グラム
シーソルト    小さじ1
ドライイースト  小さじ2
メイプルシロップ 大さじ3
オリーブオイル  大さじ1
ぬるま湯    250CC (粉に加えながら増える場合もある)


使用しているグルテンフリー粉はNamaste FoodsのPerfect Four BlendをCostcoで購入しています(Whole Foodsでも購入可能)。玄米餅粉(sweet brown rice flour)、タピオカスターチ(tapioca starch)、くず粉(arrowroot powder)、もろこし粉(sorghum flour)がブレンドされた粉です。


1)記載した材料を上から順に電子レンジ対応容器内で混ぜていく。私はパイレックスの耐熱ガラスボールを使用。

2)40度ぐらいのお湯を1)に入れかき混ぜる。グルテンのない粉なので捏ねる必要はない。
とても柔らかめの生地にする。柔らかさが足りないときは湯の量を増やす。

3)ラップをして電子レンジで30秒温める。容器の底が温かくなる程度でストップ。

4)電子レンジの中に入れたまま30分くらい発酵させる。1.5倍位の大きさに膨らむのを待つ。

5)パンの成型は生地が手にくっつくので油を塗ったスプーンですくうと簡単。大きめの胡麻団子のような大きさで12個くらい出来る。ローフパンで焼く場合はオリーブオイルを内側に塗るか、パーチメントペーパーを敷く。2次発酵はさせないので、発酵の膨らみを潰さないように成型する。

6)オーブンシートの上に並べたら生地に手水を振りかける。

7)400度にプリヒートしたオーブンで15-20分焼く。焼き色が付けば出来上がり。

焼き上がりは外側はフランスパン、内側はもちもちパンになります。使用している粉が餅粉ベースなので餅のような感触です。


2/15/2015

valentine's roses Freedom バレンタインの花・フリーダム

アメリカのバレンタインデーは男性から女性へ花を贈ることが多い。今年は真っ赤なバラをいただいた。もらって嬉しい、撮って楽しいのが花♪ ありがとう(^^)












Nancy Kazuyo Photography 
撮影のご依頼、お問い合わせは上記HPよりお願いいたします